バセドウ 診療所で検査

もしかして心臓病?

様々な症状が出だしたので、主人に病院に行くように言われ、いつも風邪をひいた時などに
診て頂く近所の診療所に行きました。

 

手足の震えや、体重の減少のことを、横に置いといて
私はまず、心臓病を疑いました。

 

それは動悸が激しい事と、私の母が心臓病だったからです。
孫の顔は見せる事が出来たものの、若くで亡くなった母。

 

そういえば、母の心臓病の発症は40代だったかな。今の私の年齢・・・
そして、私は昔から心電図の検査をすると何かにひっかかるのです。

 

大抵は、「心筋梗塞を起こした形跡がある」みたいなものでした。

 

私は思い込みが激しいので、先生に心臓病の疑いがあるかも?と言う感じの事を
訴えたと思います。

 

まずは症状を話してから、血液検査、心電図、エコー、胸のレントゲンを撮り、
血液検査の結果が夕方には出るので、夕方にもう一度来るように言われました。

 

そしてその日、2度目の診察を受けた私に先生は、私が想像もつかなかった事を言いました。

 

「バセドウ病の疑いがあります。」

 

えっ?バセドウ病?それって何?

 

そういえば、歌手の絢香さんがなった病気だ・・・

 

「バセドウ病の専門病院を紹介しますので、早めに行って下さい」

 

そして、専門病院に行く事になりました。

 

 

バセドウ病の発症が分かったきっかけに戻る ←  → 専門病院で検査へ