バセドウ病 抜け毛

どうして抜け毛が緩和されないの?

バセドウ病の症状のひとつに、「抜け毛」があると言われています。

 

これは、痛みや苦痛を伴わないので、医学的にはあまり重視されていないような気がしているのですが、実際にこんな症状を持っていて、それが全然改善されないバセドウ病患者にとっては、心身的にかなりの苦痛ですよね。

 

私はもともと、髪の毛がすごく多くて美容師さんにいつも感心されるのですが、そんな私でもいつもフローリングにはごっそりと私の髪の毛だけが落ちています。
お風呂場でも髪の毛の抜けおちがひどいですし、一番つらいのが、生え際から頭頂部のあたりが著しく薄くなってきているんです。

 

鏡を見ても、その少なさは分かるくらいなので、かなり辛いです。
まるで、西遊記の沙悟浄みたいなんですもん(涙)

 

病気になって3年半経つのですが、さらにひどくなってきて落ち込んでいます。
薬のおかげで、手の震えや動悸など身体的な症状は治まっていますが、なぜか抜け毛だけは治まらないんです。

 

どうして?

 

そう思っていたら、薬の副作用に「脱毛」と書かれてあるじゃないですか!

 

もしかしたら、お医者さんから説明を受けていたかも知れませんが、病気発覚は脈拍が1分間に125もあったので、命の危険・・・といえば大げさですが、それどころではなかったのだと思います。

 

私は、病気発覚当初から、ずっとメルカゾールを飲んでいますが、数値が治まっている中、一度だけ心身ともにストレスを抱えていた時に、FT4の数値が1.85になってしまったんです。

 

FT4の基準値は、0.932〜1.71なので、ほんのわずかなのですが、これまでずっと安定していたので、すごくショックでした。

 

そのせいで、最初は服用は2年くらいかかるでしょうと言われていたのに、結局3年半もメルカゾールを飲み続けています。
1日置きに1錠の服用が、週に5錠服用に変わりました。

 

脱毛の副作用よりも、病気を治す事の方が大事なので、こればっかりは仕方がないのでしょうけど、女性としては辛いです。

 

そしてさらに困った事も起こりました。それは、白髪が急激に老けた事です。長くなるので次のページに続きます。

 

バセドウ病になると白髪が増えるのはなぜ?